北海道長万部産 産地直送の毛ガニ販売【美食市】

2019年01月04日

晒し首が廃止になった日・1月4日

時代劇などのクライマックスで罪人への「打ち首・獄門」などは有名ですが、平安時代から江戸時代まで1000年以上も続いてた日本独自の罪人を罰する手段で1879年1月4日に廃止されました。

獄門とは罪人の首を刎ねた後、2泊3日の間世間に晒すもの、そして罪人の財産は全て没収となり、いくら罪人とは言え校正するチャンスや人権を全く無視したやり方でした。

西洋文化を取り入れた明治政府発足により、罰し方も見直され1月4日に廃止されました。




posted by 何の日 at 15:52| Comment(0) | 1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。